全ての記事

【サックス】始めたばかりの初心者向け。最初にやるべき基礎練習。

石橋 弘旭

 

  • サックス初心者はどんな基礎練習をすればいいの?
  • サックスの基礎練習が知りたい!
  • 具体的な基礎練習のやり方が知りたい!

こちらの疑問にお答えしていきます。

 

この記事を書く人

石橋弘旭
石橋弘旭
サックス講師
Profile
サックスを13歳から始める。 千葉県習志野高校吹奏楽部で、サックスや吹奏楽の魅力に魅かれ、国立音楽大学、および尚美ミュージックカレッジディプロマ科に進学&卒業。 サックスを雲井雅人、下地啓二、林田和之、西尾貴浩(敬称略)に習う。 現在は「島村楽器」のサックス講師として、毎週約30人の生徒にサックスを教えている。 趣味は散歩とゲーム。

 

こんにちは。

サックス講師の石橋と申します。

 

今回は、サックスを始めたばかりで、どんな練習をしたら良いのかわからない人向けに、サックスの基礎練習について紹介していきます。

 

練習の参考に見ていってください。

 

スポンサーリンク

サックス初心者がやるべき基礎練習3選

サックス初心者がした方がいい基礎練習は、3つあります↓

  • ロングトーン
  • タンギング
  • スケール

この3つです!

 

いろいろな基礎練習がありますが、初心者はまずこの3つを中心に練習していくのが、ハードルが低くてスムーズだと思います。

 

まずは、それぞれどんな練習なのか紹介します!

(具体的な練習のやり方は、そのあとに書きます。)

 

① 「ロングトーン」とは?

「ロングトーン」とは、

1つの音を、まっすぐ長く吹く練習のことです。

 

たとえば「ド」の音だけ、まっすぐ、5秒〜10秒くらい、長く吹いたりまします。

ドーーーーーーー♪

 

ロングトーンを行うことで、

  • 基本的な音の出し方を覚えられる。
  • 肺活量が強化される。
  • 音色が綺麗になる。

などの効果があります。

 

なので、ロングトーンは必ずやった方が良い練習の1つです!

  

② 「タンギング」とは?

「タンギング」とは、

舌を使って音を区切るテクニックのことです!

 

例えば、楽譜に同じ音が連続で出てきた時に使います↓

石橋
石橋

この場合は、「ミ」の音を1回1回、息を入れ直して区切るのではなく、息はずっと入れっぱなしで、吹き口に舌を一瞬だけ当てて、音を区切ります。

 

タンギングは、曲を吹く時に必ず使う必須テクニックです。

 

サックスを吹く上で避けては通れないので、初心者のうちから早めに練習しておくのが良いです!

 

③ 「スケール」とは?

「スケール」とは、

「ドレミファソラシド」などの音階を吹く練習のことです。

 

楽譜で見せるとこんな感じです↓

 

単純なドレミファソラシドですが、

サックスの運指を早く覚えられたり、指回しが早くなる効果があります!

 

なので、指の訓練の1つとして、スケールも取り組みましょう!

 

それぞれの基礎練習の、具体的なやり方。

 

ここからは、今紹介した3つの練習の、具体的なやり方を書いていきます。

 

参考動画なども載せておくので、是非チャレンジしてください!

 

① ロングトーンの練習のやり方。

メトロノームのテンポを60に設定する。

(カウントを正確に測るために使うよ!)

 

真ん中の「ド」を、8カウント吹く。

メトロノームが8回「カチッ」と鳴るまで吹く。

 

「ド」が吹けたら、次は「シ」の音で8カウント吹く。

「シ」で8カウント吹く。

 

低い「ド」まで、順々にやっていく。

「シ」ができたら、次は「ラ」。

「ラ」ができたら、次は「ソ」。

と、順々に下がっていき、低い「ド」までロングトーンしよう! 

 

 

参考動画↓

 

ロングトーンのやり方はとてもシンプルですね。

メトロノームをつけて、1音ずつ長く吹くだけです。

 

ですが、油断せず!

 

  • まっすぐ吹けてるか?
  • 発音は綺麗にできてるか?
  • 途中で音量は変わってないか?
  • 8カウントしっかりのびてるか?
  • 綺麗な音で吹けてるか?

などなど。

これらを注意しながら練習しないと、あまり効果が期待できません。

 

「ただ音を長く吹くだけ」にならないように取り組みましょう!

 

② タンギングの練習のやり方

メトロノームのテンポを60に設定する。

(タイミングを正確に測るために使うよ)

真ん中の「ド」の音を、メトロノームに合わせてタンギングする。

ドードードードー♪
(カチッ・カチッ・カチッ・カチッ)

メトロノームが「カチッ」となる音に合わせて、音を区切ろう。

慣れてきたら、少しずつテンポを上げる。

テンポ60でのタンギングに慣れたら、少しテンポを上げてみましょう。

72、80、92、112と少しずつ上げていって、まずは200を目指すのが良いと思います。

 

 

参考動画↓

 

タンギングの練習も、やり方はシンプルです。

メトロノームと合わせて、タンギングをするだけ!

 

メトロノームの「カチッ」という音に合わせることで、タンギングを正確にコントロールできるようになります。

 

慣れてきたら、どんどんテンポを上げていきましょう。

 

③ スケールの練習のやり方。

メトロノームのテンポを60に設定する。

(正確にリズムを取るために使うよ!)

「ドレミファソラシド」をメトロノームに合わせて吹く。

↑この楽譜を参考に、メトロノームに合わせて吹いてみよう!

慣れたら、少しずつテンポを上げる。

テンポ60に慣れたら、次はテンポ69。

テンポ69に慣れたら、次は76。

などなど、少しずつテンポを上げていき、できるだけ早いテンポで吹けるのを目標に練習しよう!

 

参考動画↓

スケールの練習も、メトロノームに合わせるだけです!

 

メトロノームに合わせて指を動かすことで、指のコントロール力が上がります。

 

こちらも、慣れてきたらどんどんテンポを上げていきましょう。

 

まずはこの3つで基礎を鍛えよう。

今回は、サックスを始めたばかり初心者向けに、基礎練習を紹介してみました。

 

改めて紹介すると、3つです↓

  • ロングトーン
  • タンギング
  • スケール

この3つ。

 

他にも基礎練習はたくさんありますが、サックスを始めたばかりでしたら、まずはこの3つを中心にやっていくと良いと思います。

石橋
石橋

いきなり難しい練習すると、挫折しちゃうからね。

 

また、基礎練習は大事ですが、曲を吹くことも同じくらい大切なので、基礎と曲をバランスよく練習していきましょう。

 

今回はここまでになります。

 

終わり!

 

お知らせ!
当ブログでは、サックスに関する相談や質問を募集してます。

「先生に聞きたいけど、聞ける人がいないな~」

「サックスの○○について、もっと知りたいな」

「サックスの○○について、今すごく悩んでます!」

などなど。

 

サックスのことで聞きたいこと、相談したいこと、お悩みなどを、随時募集してます。

石橋
石橋

ご連絡いただいた内容は、記事のテーマにしたり、僕が直接返信したりします。

 

というのも、このサイトや僕自身が、今後もっと、サックス吹きの皆さんの参考になるように成長していきたいからです。

(まだ文章も下手だし、記事も全然少ないけど。)

 

なので、相談や質問がある方は、気楽にご連絡下さい。

 

質問や相談の内容は、この下のコメント欄か、僕のSNSにご連絡ください。

やってます。

 

お待ちしております!

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
石橋弘旭
石橋弘旭
サックス講師
サックスを13歳から始める。 千葉県習志野高校吹奏楽部で、サックスや吹奏楽の魅力に魅かれ、国立音楽大学、および尚美ミュージックカレッジディプロマ科に進学&卒業。 サックスを雲井雅人、下地啓二、林田和之、西尾貴浩(敬称略)に習う。 現在は「島村楽器」のサックス講師として、毎週約30人の生徒にサックスを教えている。 趣味は散歩とゲーム。
記事URLをコピーしました