全ての記事

【サックス初心者向け】スケール練習の解説。「スケールとは」

石橋 弘旭

こんにちは。

サックス講師の石橋と申します。

石橋弘旭
石橋弘旭
サックス講師
Profile
サックスを13歳から始める。 千葉県習志野高校吹奏楽部で、サックスや吹奏楽の魅力に魅かれ、国立音楽大学、および尚美ミュージックカレッジディプロマ科に進学&卒業。 サックスを雲井雅人、下地啓二、林田和之、西尾貴浩(敬称略)に習う。 現在は「島村楽器」のサックス講師として、毎週約30人の生徒にサックスを教えている。 趣味は散歩とゲーム。

 

今回は、サックスの基礎練習である「スケール練習」について解説していきます。

 

  • スケールとは何か?
  • スケール練習をすると、どんな成長が見込めるのか?
  • どのようにスケール練習すればよいのか?

このような疑問に対して、解説していきます。

 

スポンサーリンク

スケールとは何か?

音楽における「スケール」とは、日本語で「音階」と言い、

「ドレミファソラシド」の音の階段のことを現しています。

 

スケールは、音楽の基盤であり、世の中の99%の曲は、スケールをもとに作られています。

 

例えば、

  • 「カエルの歌」
  • 「咲いた咲いた」
  • 「ドレミの歌」
  • 「喜びの歌」(ベートーベン)

なんかは、わかりやすくスケールが使われています。

 

実はスケールは、私たちの知らないところで、多く耳に入ってきているのです。

 

石橋
石橋

つまり、スケールを練習することで、世の中の99%の曲を練習してるようなものなのです!

 

スケールには様々な種類がある。

そして、スケールには様々な種類があります。

 

普段よく聞く「ドレミファソラシド」は、「長調のスケール」と言います。

 

スケールは他にも、

  • 短調のスケール(ドレミ♭ファソラ♭シド)
  • 沖縄スケール(ドミファソシド)
  • ブルーノートスケール(ドミ♭ファファ♯ソシ♭ド)

など、さまざまなスケールがあります。

 

スケール練習をすると、どんな成長が見込めるのか?

スケールの練習をすると、3つの効果が期待できます。

  • 指がスムーズに動くようになる。
  • #や♭を使った運指が早く覚えられる。
  • 曲の譜読みが早くなる。

この3つです。

 

① 指がスムーズに動くようになる。

スケールは、「ドレミファソラシド」全ての運指を使って吹くので、単純に指がよく回るようになります。

 

指回しが早くなり、素早いパッセージも、難なく吹けるようになります。

 

② #や♭を使った運指が早く覚えられる。

スケールには#と♭を使ったものもあるため、サックスの特殊な運指も吹くことになり、早く#や♭の運指を覚えることができます。

 

また、一度覚えた特殊な運指を忘れないためにも、スケール練習は効果的です。

 

③ 曲の譜読みが早くなる。

スケール練習で指がスムーズに早く回るようになると、運指をいちいち確認する手間が減るので、曲の譜読みも早くなります。

 

効率的に曲を習得していくためにも、スケール練習はとても重要です。

 

どのようにスケール練習すればよいのか?

まずは、「長調」と「短調」から練習。

スケールにはたくさん種類がありますが、

初心者の場合は、まず「長調」と「短調」のスケールから練習していくのが良いです。

 

というのも、この2種類のスケールが、曲で最もよく使われているスケールだからです。

 

長調・短調、どちらのスケールも一部載せておくので、

プリントしてご活用ください。↓

長調の音階(一部)

短調の音階(一部)

 

メトロノームに合わせて、一定のテンポで練習する。

スケールを練習するときは、メトロノームを使って練習しましょう。

 

メトロノームに合わせて練習することで、指のコントロールの訓練になります。

 

最初はゆっくりのテンポ(60~72くらい)に合わせて指を動かし、慣れてきたらどんどんテンポを上げていきましょう。

 

スケール教本で、もっと上達しよう。

  • もっと指回しを早くしたい!
  • もっと上手くなりたい!
  • もっとたくさんのスケールにチャレンジしたい!

という方は、「サクソフォーンのためのトレーニングブック」に挑戦しましょう↓

この教本は、24種類の長調・短調のスケールがいろいろなバリエーションで書かれてる教本です。

石橋
石橋

定番のスケール教本!

 

僕もこの教本でスケールを覚え、指がグッと早く回るようになりました。

 

この教本のスケールが全てできれば、音大生レベルまで上達できます!

スケールに慣れてきたら、是非チャレンジしてください。

 

まとめ

今回は、サックスの基礎練習である「スケール練習」について解説してみました。

 

改めて、記事の内容をまとめるとこちらです↓

スケールとは何か?
  • 「ドレミファソラシド」などの音階のこと。
  • いろいろな種類があって、音楽で幅広く使われている。
スケールを練習すると、どんな効果があるのか?
  • 指がスムーズに動くようになる。
  • #や♭を使った運指が早く覚えられる。
  • 曲の譜読みが早くなる。
どのようにスケールを練習すればいいか?
  • まずは長調と短調のスケールから練習。
  • スケール教本でさらなる上達を目指す。

こんな感じです。

 

スケールは、僕も毎日指回しのトレーニングのために行ってる練習です。

石橋
石橋

スケールをしないと、指が少しなまります。

 

みなさんも、是非練習に取り入れてください。

 

以上です。

 

 

お知らせ!
当ブログでは、サックスに関する相談や質問を募集してます。

「先生に聞きたいけど、聞ける人がいないな~」

「サックスの○○について、もっと知りたいな」

「サックスの○○について、今すごく悩んでます!」

などなど。

 

サックスのことで聞きたいこと、相談したいこと、お悩みなどを、随時募集してます。

石橋
石橋

ご連絡いただいた内容は、記事のテーマにしたり、僕が直接返信したりします。

 

というのも、このサイトや僕自身が、今後もっと、サックス吹きの皆さんの参考になるように成長していきたいからです。

(まだ文章も下手だし、記事も全然少ないけど。)

 

なので、相談や質問がある方は、気楽にご連絡下さい。

 

質問や相談の内容は、この下のコメント欄か、僕のSNSにご連絡ください。

やってます。

 

お待ちしております!

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
石橋弘旭
石橋弘旭
サックス講師
サックスを13歳から始める。 千葉県習志野高校吹奏楽部で、サックスや吹奏楽の魅力に魅かれ、国立音楽大学、および尚美ミュージックカレッジディプロマ科に進学&卒業。 サックスを雲井雅人、下地啓二、林田和之、西尾貴浩(敬称略)に習う。 現在は「島村楽器」のサックス講師として、毎週約30人の生徒にサックスを教えている。 趣味は散歩とゲーム。
記事URLをコピーしました