全ての記事

【サックス】練習後のお手入れのやり方。お手入れに必要なもの。

石橋 弘旭

こんにちは。

サックス講師の石橋と申します。

石橋弘旭
石橋弘旭
サックス講師
Profile
サックスを13歳から始める。 千葉県習志野高校吹奏楽部で、サックスや吹奏楽の魅力に魅かれ、国立音楽大学、および尚美ミュージックカレッジディプロマ科に進学&卒業。 サックスを雲井雅人、下地啓二、林田和之、西尾貴浩(敬称略)に習う。 現在は「島村楽器」のサックス講師として、毎週約30人の生徒にサックスを教えている。 趣味は散歩とゲーム。

今回は、サックスの練習後にするお手入れ方法を書いていきます。

 

スポンサーリンク

【サックス】練習後のお手入れのやり方。お手入れに必要なもの。

お手入れに必要なもの。

まず、お手入れに必要なものが3つあります。

  • 本体用のスワブ
  • ネック用のスワブ
  • クリーニングペーパー

この3つ。

 

「スワブ」は、管内の水分を拭き取るために。

「クリーニングペーパー」は、タンポについた水分を取るために使います。

 

①まずは分解。

まずは、サックスを分解します。

 

分解の手順は、組み立ての手順と逆です。

(分解できる人は、読み飛ばしてOKです)

 

①ネックを固定してるネジを緩めて、ネックを外す。

ネック部分のネジを緩める

ネックを外す

 

②本体は安全な場所に置く。

置く時は、赤い丸で示した部分のキーが、上になるように置きましょう↓

これと逆で置いてしまうと、赤丸の部分のキーが曲がる原因になります。

 

③マウスピースからリガチャーとリードを取り外す。

ネックについているマウスピースから、

リガチャーを緩め、リードを取り外しましょう

 

④ネックから、マウスピースを取り外す。

ネックについているマウスピースを取り外しましょう。

 

⑤分解完了。

ここまでで分解完了です。

 

②スワブで、管内の水分を拭き取る。

次に、

  • 本体
  • ネック
  • マウスピース

の中の水分を、スワブで拭き取ります。

 

本体のスワブの通し方。

①まず、本体用のスワブをよく広げます。

(YAMAHA CLSSAX3)

 

②本体のベルの方から、スワブの”重り”を入れます。

 

③スワブの布を少しだけベルに入れたら、

 

④本体をひっくり返します。

 

⑤すると、ベルと反対の穴から、重りが出てきます。

 

⑥この重りを引っ張れば、管内にスワブが通り、管内の水分を拭きとれます。

 

①〜⑥までを、だいたい2~3回やります。

 

ネックのスワブの通し方。

①ネック用のスワブを良く広ます。

(YAMAHA CLSS3)

 

②ネックの”穴の大きい方”から、スワブの”重り”を入れます。

 

③ネックをひっくり返すと重りが出てくるので、

 

④重りを引けば、スワブが通り、ネック内の水分が拭き取れます。

(撮影のため、ネックを置いてスワブを通してますが、実際は手でネックを持ってスワブを通すようにして下さい。)

 

マウスピースのスワブの通し方。

①ネック用のスワブをよく広げます。

(YAMAHA CLSS3)

 

②マウスピースの”丸い穴”の方から、スワブの重りをいれます。

 

③マウスピースをひっくり返すと、吹き口の方から重りが出てくるので、

 

④重りを引っ張れば、マウスピースの水分を拭き取れます。
 

注意:スワブが詰まったら、無理に引っ張らないこと。

たまに、スワブが詰まって、引き抜けなくなることがあります。

 

詰まったときに無理にスワブを引っ張ってしまうと、さらに詰まって抜けなくなります。

 

なので、スワブが詰まったときは、一度スワブを入れた方からスワブを引っ張り、改めてスワブを入れ直すようにしましょう。

 

③クリーニングペーパーで、タンポの水分を吸い取る。

タンポについた水分は、クリーニングペーパーで吸い取ります。

 

①キーを押してタンポを開ける。

 

②タンポの隙間に、クリーニングペーパーを入れる。

 

③キーを押してパタパタと開閉し、タンポの水分を取る。

 

④タンポを再び開き、クリーニーングペーパーを取り出す。

これを、他のタンポにもするようにしましょう。

 

とくに、常に閉まってるタンポには水分が多く含まれています。

閉まってるタンポは重点的に水分を取り除きましょう。

 

④リードをしまう。

①ハンカチや布の上に、軽くリードを押し付け、水分を取る。

リードは布にポンポンと押し付けるようにして水分をとりましょう。

 

布に擦りつけると、リードの先端が割れる原因になります。

優しく、水分を取ってください。

 

②リードケースに入れる。

水分を軽く取ったら、リードケースにしまいましょう。

 

⑤楽器ケースにしまう。

お手入れした楽器を、ケースにしまいましょう。

本体に「キャップ」をつけるのを忘れずに。

本体のキャップは、オクターブキーのピンを守る役割があります。

キャップを必ずつけてから、楽器ケースにしまうようにしましょう。

 

⑥ケースのチャックを締めるのを忘れずに。

もう一つ最後に、ケースのロック(チャック)を締めたか、しっかり確認しましょう。

うっかりロックが開いたまま、楽器ケースを持ってしまうと、高額な楽器が、床に落ちてしまいます。

 

石橋
石橋

意外と多いアクシデントです。

僕の友人や生徒さんでも、落とした人がいます。

 

必ず目視して、必要ならば「ロック良し」と、声出しして確認しましょう。

 

まとめ:慣れれば一瞬で片付けられる。

今回は、サックスの練習後のお手入れについて書いてみました。

意外とやることが多いですよね。

  • ネック、本体、マウスピースのスワブ通し。
  • タンポの水分取り。
  • リードの水分取り。

やることが意外と多いですし、最初は慣れないので時間がかかると思います。

 

ですが、慣れれば一瞬で、5分もかからずにできるようになります。

 

最初はしんどいと思いますが、楽器の寿命を伸ばすため、カビが生えないように使うために、練習後のお手入れはしっかりと行ってください。

 

今回は以上です。

是非参考にしてみてください。

 

お知らせ!
当ブログでは、サックスに関する相談や質問を募集してます。

「先生に聞きたいけど、聞ける人がいないな~」

「サックスの○○について、もっと知りたいな」

「サックスの○○について、今すごく悩んでます!」

などなど。

 

サックスのことで聞きたいこと、相談したいこと、お悩みなどを、随時募集してます。

石橋
石橋

ご連絡いただいた内容は、記事のテーマにしたり、僕が直接返信したりします。

 

というのも、このサイトや僕自身が、今後もっと、サックス吹きの皆さんの参考になるように成長していきたいからです。

(まだ文章も下手だし、記事も全然少ないけど。)

 

なので、相談や質問がある方は、気楽にご連絡下さい。

 

質問や相談の内容は、この下のコメント欄か、僕のSNSにご連絡ください。

やってます。

 

お待ちしております!

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
石橋弘旭
石橋弘旭
サックス講師
サックスを13歳から始める。 千葉県習志野高校吹奏楽部で、サックスや吹奏楽の魅力に魅かれ、国立音楽大学、および尚美ミュージックカレッジディプロマ科に進学&卒業。 サックスを雲井雅人、下地啓二、林田和之、西尾貴浩(敬称略)に習う。 現在は「島村楽器」のサックス講師として、毎週約30人の生徒にサックスを教えている。 趣味は散歩とゲーム。
記事URLをコピーしました