全ての記事

【サックス】リードの硬さについて。初心者におすすめの硬さは?

石橋 弘旭

サックス初心者なんだけど、リードの硬さってどれくらいがいいの?

こちらの疑問にお答えしていきます。

 

こんにちは、サックス講師の石橋と申します。

石橋弘旭
石橋弘旭
サックス講師
Profile
サックスを13歳から始める。 千葉県習志野高校吹奏楽部で、サックスや吹奏楽の魅力に魅かれ、国立音楽大学、および尚美ミュージックカレッジディプロマ科に進学&卒業。 サックスを雲井雅人、下地啓二、林田和之、西尾貴浩(敬称略)に習う。 現在は「島村楽器」のサックス講師として、毎週約30人の生徒にサックスを教えている。 趣味は散歩とゲーム。

今回は、初心者におすすめの”リードの硬さ”についてお話ししていきます。

 

是非参考に見ていって下さい!

スポンサーリンク

【サックス】リードの硬さについて。初心者におすすめの硬さは?

「2」から始めるのがおすすめ。

引用:https://amzn.asia/d/3uYK5WK

最初に結論を言ってしまうと、初心者は「2」のリードから始めるのがおすすめです。

 

「2」だと、すごく柔らかくて音が出しやすいからです。

石橋
石橋

「2」だと、体の小さい小学生でも楽に音が出せます。

 

音が簡単に出せた方が、練習が楽しい。

「2」だと柔らかすぎる印象もあるかもしれませんが、最初は音が簡単に鳴らせる方が楽しめると思います。

 

初心者のうちは「運指」や「タンギング」など、

他にも覚えないといけないこともたくさんありますからね。

 

石橋
石橋

「音を出す」という段階で、あまり労力や時間をかけるべきではありません。

 

なので、最初はすごく柔らかいリードで練習するのが良いと思います。

 

慣れてきたら、硬さを変えてみる。

練習を重ねていき、運指やタンギングなどの基本を覚えてきたら、リードを少し硬くしてみると良いです。

 

というのも、「2」だと”音色”が汚くなりがちだからです。

石橋
石橋

「2」は音が出しやすいですが、

その分「ジリジリ」「バリバリ」と言った雑音も出やすいのがデメリット!

 

綺麗な音を出すためには、多少のリードの硬さも必要になります。

 

なので、サックスの基本に慣れてきたら、試験的に「2.5」や「3」のリードに変えていきましょう。

 

リードは、いろいろな型番を試すべし。

リードは同じ硬さでも、たくさん種類があります。

常にいろいろな型番を試していきましょう!

 

というのも、人によって合うリードは全然違うからです。

 

石橋
石橋

1つのリードに固執して、他のリードを知らないのはもったいない!

 

いろいろ試してると、自分の吹き方に合ったリードと巡り会えます。

 

なので、いろいろな型番を試して、自分に合うリードを探し続けましょう!

 

まとめ

今回は、サックス初心者におすすめの『リードの硬さ』に付いてお話してみました。

 

改めて内容をまとめるとこちらです↓

  • 初心者は、簡単に音が鳴りやすい「2」から始めるのがおすすめ。
  • 柔らかいリードの方が、音が簡単に出るから練習が楽しめる。
  • 運指やタンギングを覚えてきたら「2.5」や「3」にもチャレンジ!
  • リードはいろいろな型番があるので、いろいろお試ししましょう!

こんな感じですかね。

 

リードはいろいろと悩むと思いますが、まずは柔らかいリードで練習していく方が、音が出せて楽しめると思います。

 

是非参考にしてみてください。

終わり!

石橋
石橋

サックスに関する質問・相談は、記事下のコメント欄か、僕のX(旧ツイッター)へ!

 

初心者におすすめの「2」のリード↓

 

お知らせ!
当ブログでは、サックスに関する相談や質問を募集してます。

「先生に聞きたいけど、聞ける人がいないな~」

「サックスの○○について、もっと知りたいな」

「サックスの○○について、今すごく悩んでます!」

などなど。

 

サックスのことで聞きたいこと、相談したいこと、お悩みなどを、随時募集してます。

石橋
石橋

ご連絡いただいた内容は、記事のテーマにしたり、僕が直接返信したりします。

 

というのも、このサイトや僕自身が、今後もっと、サックス吹きの皆さんの参考になるように成長していきたいからです。

(まだ文章も下手だし、記事も全然少ないけど。)

 

なので、相談や質問がある方は、気楽にご連絡下さい。

 

質問や相談の内容は、この下のコメント欄か、僕のSNSにご連絡ください。

やってます。

 

お待ちしております!

スポンサーリンク
ABOUT ME
石橋弘旭
石橋弘旭
サックス講師
サックスを13歳から始める。 千葉県習志野高校吹奏楽部で、サックスや吹奏楽の魅力に魅かれ、国立音楽大学、および尚美ミュージックカレッジディプロマ科に進学&卒業。 サックスを雲井雅人、下地啓二、林田和之、西尾貴浩(敬称略)に習う。 現在は「島村楽器」のサックス講師として、毎週約30人の生徒にサックスを教えている。 趣味は散歩とゲーム。
記事URLをコピーしました