Q&A

【サックスお悩み相談】「ロングトーンが長く続かない」→コツを紹介。

石橋 弘旭
  • ロングトーンが続かない。
  • テンポ60くらいで、8拍伸ばせない。
  • どうやったらロングトーンが伸ばせるようになるの?
  • 長く音を吹くコツはあるの?

こちらの疑問にお答えしていきます。

 

✔︎この記事を書く人

石橋弘旭
石橋弘旭
サックス講師
Profile
サックスを13歳から始める。 千葉県習志野高校吹奏楽部で、サックスや吹奏楽の魅力に魅かれ、国立音楽大学、および尚美ミュージックカレッジディプロマ科に進学&卒業。 サックスを雲井雅人、下地啓二、林田和之、西尾貴浩(敬称略)に習う。 現在は「島村楽器」のサックス講師として、毎週約30人の生徒にサックスを教えている。 趣味は散歩とゲーム。

 

スポンサーリンク

ロングトーンを長く続けるためのコツ。

最初に結論を言ってしまうと、

 

ロングトーンを長く吹くためには、「息の吸い方」と「マウスピースの咥え方」を見直すのが良いです。

 

この2つは、音を出すことにおいて、とても重要だからです。

 

それぞれ紹介していきます。

 

息の吸い方について。

息は、できるだけたくさん吸い込まないといけません。

息は、音を出すためのエネルギーだからです。

 

息を吸うのが甘いと、音は出せないし、音も長くのばせなくなります。

 

石橋
石橋

僕が見てきた限りですが、「音が長くのびない」と悩んでる方は、そもそも息がたっぷり吸えてない人が多かったです。

 

息は、とにかくたくさん吸うようにしましょう。

 

「もうこれ以上吸えない!」

というくらい、たくさんです。

 

それくらい吸えば、息を吐くのも楽ですし、長く音を出すこともできます。

 

マウスピースの咥え方について。

マウスピースの咥え方も、音を長く出すために重要なポイントです。

 

ここで見直して欲しいのは2つです。

マウスピースを咥える「強さ」「深さ」です。

 

マウスピースを咥える「強さ」について。

マウスピースを咥える時、できるだけ優しく咥えなければいけません。

 

なぜかと言うと、強く咥えてしまうと、下唇がリードの振動をおさえてしまうからです。

石橋
石橋

つまり、音が出しにくくなるってこと。

 

サックスは、リードが振動して音が鳴る楽器です。

 

リードの振動を下唇でおさえてしまったら、音は出にくく、音を長くのばすのも大変になります。

 

なので、リードはいつでも振動できるように、

下唇は、最低限の力でリードに触れるようにしましょう。

 

決してマウスピースは噛まないように!

石橋
石橋

ストローを咥えるくらい、優しく、ふわっと咥えるイメージです。

 

マウスピースを咥える「深さ」について。

マウスピースを咥える深さも、音を長くのばす上で、かなり重要です。

 

というのも、マウスピースを咥える深さで、息の続きやすさが変わるからです。

 

マウスピースを「浅く」咥えるのと「深く」咥えるのでは、以下のような違いが起きます。

「浅く」咥えると。

・小さな音が出しやすい。

・大きい音が出しにくい。

息が長く続きやすい。

「深く」咥えると。

・大きな音を出しやすい。

・小さい音が出しにくい。

息がなくなりやすい。

浅い方が、息は続きやすいんですよね。

 

もしかしたら、音が長く続かないは、マウスピースを深く咥えすぎてる可能性があります。

 

なので一度、マウスピースのを浅めに咥えて吹いてみて、息の減り方を比較してみるのが良いです。

 

リードの厚さも大事。

最後ですが、リードの厚さも、音の伸ばしやすさに影響します。

 

リードは、できるだけ薄い方が、音を長く吹きやすいです。

 

リードには番号が書かれてます。

「2-1/2」とか「3」とか「3-1/2」とか。

この番号は、リードの厚さを表してます。

(数字が大きくなるほど厚い)

 

厚いリードは、吹き心地が重く、プロでも長く音を伸ばすのが難しいです。

 

なので、リードは薄いものを選ぶように。

音が出しにくい場合は、1つ番号を落としたリードで、練習してみてください。

石橋
石橋

初心者なら、「2-1/2」や「3」のリードがおすすめになります。

 

(初心者におすすめリード↓)

まとめ。

今回は、

  • ロングトーンが続かない。
  • テンポ60くらいで、8拍伸ばせない。
  • どうやったらロングトーンが伸ばせるようになるの?
  • 長く音を吹くコツはあるの?

こちらのお悩みをテーマに記事を書いてみました。

 

僕がこれまで経験した限り、長く音をのばすために重要なことは2つです。

「息の吸い方」と「マウスピースの咥え方」。

まずはこの2つを見直してみてください。

石橋
石橋

僕自身も、僕の生徒さんも、この2つを重点的に見直してたら、音が長く伸びるようになってました。

 

今回は以上です。

 

おわり!

 

お知らせ!
当ブログでは、サックスに関する相談や質問を募集してます。

「先生に聞きたいけど、聞ける人がいないな~」

「サックスの○○について、もっと知りたいな」

「サックスの○○について、今すごく悩んでます!」

などなど。

 

サックスのことで聞きたいこと、相談したいこと、お悩みなどを、随時募集してます。

石橋
石橋

ご連絡いただいた内容は、記事のテーマにしたり、僕が直接返信したりします。

 

というのも、このサイトや僕自身が、今後もっと、サックス吹きの皆さんの参考になるように成長していきたいからです。

(まだ文章も下手だし、記事も全然少ないけど。)

 

なので、相談や質問がある方は、気楽にご連絡下さい。

 

質問や相談の内容は、この下のコメント欄か、僕のSNSにご連絡ください。

やってます。

 

お待ちしております!

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
石橋弘旭
石橋弘旭
サックス講師
サックスを13歳から始める。 千葉県習志野高校吹奏楽部で、サックスや吹奏楽の魅力に魅かれ、国立音楽大学、および尚美ミュージックカレッジディプロマ科に進学&卒業。 サックスを雲井雅人、下地啓二、林田和之、西尾貴浩(敬称略)に習う。 現在は「島村楽器」のサックス講師として、毎週約30人の生徒にサックスを教えている。 趣味は散歩とゲーム。
記事URLをコピーしました