ノウハウ

【サックス】「息が続かない」→息を長く続けるための方法を紹介。

石橋 弘旭

こんにちは。

サックス講師の石橋と申します。

石橋弘旭
石橋弘旭
サックス講師
Profile
サックスを13歳から始める。 千葉県習志野高校吹奏楽部で、サックスや吹奏楽の魅力に魅かれ、国立音楽大学、および尚美ミュージックカレッジディプロマ科に進学&卒業。 サックスを雲井雅人、下地啓二、林田和之、西尾貴浩(敬称略)に習う。 現在は「島村楽器」のサックス講師として、毎週約30人の生徒にサックスを教えている。 趣味は散歩とゲーム。

今回は、サックスの息を長く続ける方法についてお話していきます。

 

というのも最近、僕の生徒さんから「息」関係の質問が多く寄せられたからです。

  • 息が長く続かない。
  • すぐに息切れしてしまう。
  • どうしたら、息が長く続くようになるの?

このような質問が、本当に多いです。

 

なので、僕のこれまでの経験から、息を長く続けるための方法を、一回まとめてみます。

 

同じような悩みをお持ちの方は、ぜひ参考に見ていってください。

 

スポンサーリンク

息を長く続かせるためには。

最初に結論を言ってしまうと、

 

息を長く続けるためには、

「息を音に変換する効率」を上げることが大事です。

 

サックスに息を吹き込んだ時、

息が効率良く音に変換されれば、

少ない息でも音が長く続けらるようになります。

 

石橋
石橋

「息が苦しい」と相談される方の演奏を見てると、

”息はたくさん吹き込んでるのに、音が上手く出てない”という印象を持つことが多いです。

 

では、どうしたら息を効率良く音に変換できるのか?

その部分を話していきます。

 

息を効率良く音に変換するために必要なこと。

息を効率よく音に変換するために必要なことは、主に4つです。

  1. リードが振動しやすいアンブシュア(咥え方)にすること。
  2. 口の横から息が漏れがないようにすること。
  3. マウスピースを浅めに咥えること。
  4. リードを柔らかいものにすること。

この4つのポイントを押さえることで、多少息が長く続くと思います。

 

少し細かいですが、それぞれ紹介します。

 

①リードが振動しやすいアンブシュア(咥え方)にすること。

マウスピースを咥えるとき、リードが振動しやすい口の状態をイメージして咥えましょう。

 

サックスはリードが振動して音が鳴る楽器です。

  • リードを下唇で強くおさえたり、
  • マウスピースを強く噛んだり、
  • 下唇に力が入って硬くなっていたり、

このような状態だと、リードが上手く振動できません。

 

リードが振動しやすいように、

リードに直接触れる「下唇」は、ふわっと、優しく、柔らかい状態を保って、リードに触れることが大切です。

 

そして、必要以上にマウスピースを強く咥えすぎないように注意しましょう。

石橋
石橋

吹いてて顎が疲れたり、下唇の裏に歯形が付いて痛くなる人は、強く咥えすぎかもしれません。

 

マウスピースの咥え方は、実際にレッスンで見ないと判断できませんが、もし今まで意識したことが無い場合、ぜひ意識してみてください。

 

②口の横から息が漏れがないようにすること。

吹いてるときに、口の横(口角)から「スーッ」と息が漏れるのも注意しましょう。

 

これは単純に、息がもったいないです。

 

息が無駄になってしまっている状態なので、なるべく息漏れは少なく。 

息漏れしない程度に、口を締めるようにしましょう。

石橋
石橋

ただし、あまり強く締めすぎると、今度はリードが振動しにくくなるので、その塩梅は気をつけましょう。

 

③マウスピースを浅めに咥えること。

マウスピースを咥える深さも、実は音の効率にかかわってきます。

 

実際に試してもらうとわかりやすいですが、

 

マウスピースを”深く”咥えると、

音は出やすいけど、息の消費が多いです。

 

逆に、マウスピースを”浅く”咥えると、

音は出にくいけど、息の消費が少なくなります。

 

もしかしたら、息が続かない人は、マウスピースを深く咥えすぎているかもしれません。

(浅すぎても苦しいんだけどね)

 

一度マウスピースを浅く咥えて、練習してみましょう。

息の消費が抑えられ、今までより長く音が伸ばせる可能性があります。

石橋
石橋

僕の生徒さんで、少し浅く咥えただけで、今までの倍近く息が長く続いた方もいました。

 

④リードを柔らかいものにすること。

音を効率良く出すうえで、リードの硬さも重要です。

 

というのも、

プロでも、リードが硬すぎると、音が出にくくて、息が苦しくなるからです。

 

サックスのリードは「2」「2半」「3」と、

いろいろな硬さがありますが、その中でもさらに個体差があり、吹き心地はバラバラです。

 

音が出しやすいリードを選んで吹くようにしましょう。

 

石橋
石橋
  • リードを10枚買ったら、10枚”全部”吹く。
  • 吹き心地の良いリードで練習する。
  • 吹きにくいリードは、もったいないけど吹かない。

 

音が出しにくいリードで練習すると、息が続かないのはもちろんですが、変な癖もつきやすくなります。

 

面倒だとは思いますが、リードは必ず吹きやすいものを選んでから練習してください。

 

もちろん、肺活量も大事。

ここまで、息を音に変換する”効率”の話をしましたが、

長く息を続けるには、もちろん”肺活量”も大事です。

 

といっても、

「たくさん息を吸う」

というだけのことですが、これが意外とできてない方が多いです。

 

人間が本気で息を吸うと、体に以下のような変化が起きます↓

  • 肩が上がる。
  • 胸が前に出る。
  • 背筋が伸びる。
  • お腹が前や横に膨らむ。

このように体が変化するまで、息を吸うようにしましょう。

 

ここまで息を吸えれば、少し力を抜いただけで、大量の息を楽に吐き出すことができます。

 

大量の息を楽に出せれば、音を軽々と出すことができ、息が長く伸びたり、苦しくなくなります。

 

なので、どんな時でも息はたっぷり吸うように意識しましょう。

 

補足:腹筋は関係ない。

これは補足ですが、サックスの息を長く続けるに当たって、腹筋は関係ありません。

 

というのも、息を長く伸ばすのに腹筋は使ってないからです。

 

よく「腹筋が足りないんだ」と、息が続かないのを筋肉のせいにする話を聞きますが、全く関係ありません。

 

プロのサックス奏者を見て貰えばわかると思いますが、

お腹がぽっこり出てるプロは多いです。

 

石橋
石橋

もし腹筋が必要なら、プロはみんなお腹が凹んでないとおかしいですよね?

 

だから、プロでも腹筋は使ってないのです。

 

なので、腹筋を鍛えるのは健康目的だけにしましょう。

 

まとめ。

今回は、息を長く続けるための方法というのを、僕なりにまとめてみました。

 

改めて、今回の記事の内容をまとめるとこちらです↓

✔︎ 息を長く続けるためには、息を音に変換する”効率”が大事!

そのためには、

  1. リードが振動しやすいアンブシュア(咥え方)にすること。
  2. 口の横から息が漏れがないようにすること。
  3. マウスピースを浅めに咥えること。
  4. リードを柔らかいものにすること。

こんな感じです。 

 

音を出す効率が良くなれば、必ず今よりも長く息が伸びるようになります。

 

実際に試してみて下さい。

今回は以上になります。

 

石橋
石橋

サックスに関する相談・質問は、記事下のコメント欄か、僕のXまで!

おわり!

 

お知らせ!
当ブログでは、サックスに関する相談や質問を募集してます。

「先生に聞きたいけど、聞ける人がいないな~」

「サックスの○○について、もっと知りたいな」

「サックスの○○について、今すごく悩んでます!」

などなど。

 

サックスのことで聞きたいこと、相談したいこと、お悩みなどを、随時募集してます。

石橋
石橋

ご連絡いただいた内容は、記事のテーマにしたり、僕が直接返信したりします。

 

というのも、このサイトや僕自身が、今後もっと、サックス吹きの皆さんの参考になるように成長していきたいからです。

(まだ文章も下手だし、記事も全然少ないけど。)

 

なので、相談や質問がある方は、気楽にご連絡下さい。

 

質問や相談の内容は、この下のコメント欄か、僕のSNSにご連絡ください。

やってます。

 

お待ちしております!

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
石橋弘旭
石橋弘旭
サックス講師
サックスを13歳から始める。 千葉県習志野高校吹奏楽部で、サックスや吹奏楽の魅力に魅かれ、国立音楽大学、および尚美ミュージックカレッジディプロマ科に進学&卒業。 サックスを雲井雅人、下地啓二、林田和之、西尾貴浩(敬称略)に習う。 現在は「島村楽器」のサックス講師として、毎週約30人の生徒にサックスを教えている。 趣味は散歩とゲーム。
記事URLをコピーしました